光コラボの回線のメリットとデメリット

光回線の工事 光コラボはNTTが他の事業者に光回線を卸売りしたサービスです。
それによって他の事業者もNTTの光回線を使用できるようになり、キャッシュバックなどの独自のキャンペーンを提供することが可能になりました。
キャッシュバックやキャンペーンは各事業者によって異なりますが、いずれもユーザーにとって利益のあるサービスとなっています。

光コラボのメリットは多くあります。
まずスマートフォンとのセット割引が適用されることです。
大手のキャリアではスマートフォンとインターネットを同じ回線で契約すると、月額料金が安くなるプランがあります。
家族全員が同じキャリアの場合は最もお得なプランとなっています。

格安SIMを利用しているユーザーなら、光コラボと同じキャリアで揃えれば割引が適用されることもあります。
フレッツ光とプロバイダーを別々に契約するよりも、光コラボで一本化した方が月額料金が安くなります。
フレッツ光からの転用に関しても解約金がありません。
フレッツ光から光コラボへの乗り換えには回線工事は発生しないので、工事費用もかかりません。

光コラボはNTTの回線を使用しているので対応エリアが全国ネットです。
モバイルルーターのように電波が入らないというトラブルはありません。
ADSLのように距離によって速度が遅延するということもありません。
問い合わせやサポートの窓口が一本化することで、管理がとても分かりやすくなります。
フレッツ光で使っているひかり電話やフレッツTVなどは、各事業者が独自のオプションサービスとして提供しています。

光コラボにはいくつかのデメリットもあります。
光コラボへの転用を申し込む際は転用許諾番号をNTTから取得する必要があります。
この手続きは申し込み者が行うことになっています。
転用許諾番号はNTTのサイトから手続きを行えば面倒ではありません。
しかし利用者情報を不正に取得して、悪用する業者もいるので注意が必要です。

光コラボにすれば月額料金が安くなるのが普通ですが、場合によっては高くなることもあります。
それは主にVDSL方式やLAN配線方式など、集合住宅で既に安いプランを使っているユーザーの場合です。
VDSL方式はマンションタイプで電話線を利用したものです。
この場合は配線方式を変える必要があるので、新規申し込みと同じ工事費用がかかります。
従って光コラボのメリットとデメリットをよく把握してから契約することが大事です。