メディアの新しい可能性デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージは各分野から注目されている情報配信の手法です。
このシステムは屋内外を問わず情報を表示する事が可能な方法です。
通常は表示可能な機器を用いてインフォメーションを伝えることになります。
このデジタルサイネージの技術は商業目的だけではなく公共的な用途でも活用することが出来るため、様々な可能性を秘めた技術です。

この新たな情報配信のメディアが普及した背景には、無線経由のネットワークが各地で利用可能になったというものが挙げられます。
また、無線による伝達でも大容量の情報を扱えるようになり、その活用の幅が広くなったのです。
このことから屋内に設置された特殊な電子看板だけではなく、野外でもポスターのように使いコンテンツを配信できる情報発信ツールとなりました。

そして、このデジタルサイネージという情報発信ツールのポイントとしては、言語ではなく映像による情報伝達が可能になることです。
従来のディスプレイでは設置場所を限定されてしまうだけではなく、文字のみを表示することしか出来ませんでした。
そのため、この技術は都市圏に見られるビルのハイビジョンやショッピングモールなど大型の施設に限定されてしまったのです。
しかし、この新たな技術が普及することで、店舗内や街中でも映像を用いた利用が可能になるので、言葉が理解できない外国人にも情報提供することが出来ます。

このデジタルサイネージはユニクロなどの店舗でも見られる広告媒体です。
ユニクロはPOPな映像を店内で配信し、電子掲示板や広告として活用しています。
また、新商品の魅力を伝えるメディアともなるために、店内でも購買意欲をかきたてるメディアとなるのです。

また、デジタルサイネージは商業目的の枠を超え、幅広い活用用途が考案できることがメリットです。
特に、医療機関や駅などでは日本語を理解できないと利用する事が困難になりますが、このデジタルサイネージを普及させることで誰でも各施設の利用法を理解することが出来るようになるのです。
小型のものならば導入コストも数十万円程度となり、運用コストも安く抑えることが可能なためにコスト面からも優れた電子看板です。

そして、デジタルサイネージの魅力としては誰にでも有益な情報を提供できるという側面を持ちます。
従来は小型のモバイル端末で情報収集することが一般的な手法とされました。
そのため、モバイル端末を所有していない場合、有益な情報を入手することが難しかったのです。
しかし、デジタルサイネージは端末を介することなく情報を入手できるので、誰でも情報を入手できます。
また、各地に表示機器を設置することで地域特有の情報を配信でき、ピンポイントで情報を活用することができるようになるのです。
このことから情報を入手して、その情報を有効利用することが出来る手段としても注目されています。