テレワークとは何らかの通信手段を用いて場所や時間にとらわれずに仕事を行うといったものであり、会社という場所にとらわれずに仕事ができるものです。
テレは離れた場所を意味し、ワークは働くといった意味であり、遠隔勤務とも訳されます。
一般的に日本ではテレワークといえば在宅勤務を指し会社に出勤することなく雇用されて仕事をすることと認識されています。

テレワークそのものは通信手段が発展した頃から存在し、携帯電話の普及で導入が容易になったものですが、一方で携帯電話だけでは書類の送信などは行なえませんから書類のやりとりのさいに結局は出勤しなければならず完全な在宅勤務というものは難しいものでしたがITの発展とともに高速大容量の通信が低コストで行えるようになっており、特にテレワークを支えるシステムとしてクラウド型のグループウェアやウェブ会議などの新しいシステムによってテレワークの質が向上して、十分に会社に出勤するのと同じ働き方が出来るようになっています。

スマホ 現代のテレワークでは、インターネット回線を使って通信や通話を行う仕組みになっており、その際に使用される端末もパソコンのほかタブレットやスマートフォンなどの情報端末が使われています
いずれもインターネットに接続できれば会社が用意したグループウェアにアクセスでき、そこで仕事の内容や報告、スケジュール管理や情報交換といったことが行われます。
また通話のみや映像を交えて行うウェブ会議も行う事ができます。

ウェブ会議はそれまでのテレビ会議と同等に相手の顔を見ながら会議ができるほか、データのやり取りも可能ですからプレゼンテーションを行うこともできますし、またウェブ会議のシステムで書類をやり取りができるというのは日頃の業務報告などにも相手の顔を見ながら行うことが可能になります。

テレワーク テレワークでは相手の顔が見えにくいというデメリットがありますが、ITの発展によってそれらのデメリットも解消されています。
また導入コストもITの発展により安価になり、それまで専用の端末を導入しなければ、ならかったようなことも無くなり、中小企業でも導入することが可能になっています。
またテレワークのメリットはインターネットを利用出来る環境であればどこでも仕事が出来るということで移動や出張のさいにも空いた時間帯に報告などを済ませられます。
その日のうちに仕事を完結させるなど仕事そのものを効率化ができます。

音声や映像技術の進化でより快適に運用できる

ネットワークイメージ これまでのテレワークやウェブ会議において、そのネックとなっていたのは導入コストと音声や映像の質ですが、現代では改善されています。
これは高速大容量のネット環境が普及したほかにもワイヤレスで利用できる高速大容量のネット環境が充実してきたことが影響しています。
これまでのテレワークといえば有線のネット環境が中心でしたが、現代ではモバイル通信によるネット環境が使われています。
これにより面倒な配線工事が不要ですし、なによりもモバイル通信をテレワーク専用とすることで、それまで公私混同になりがちであった仕事を明確に分けることができます。

その一方で機器の性能向上も快適にテレワークが運用できるポイントに大きく寄与しています。
テレワークでのウェブ会議では音声がクリアに聞こえないと伝わりにくいものでせっかくリアルタイムでカメラとマイクを通じてやり取りをしている意味がありませんが、現代では高速大容量の通信が可能になったことによって、マイクの音声やカメラの映像などはクリアに相互に通信することが可能になっています。
このためそれまでのノイズに悩まされていた古い時代のウェブ会議とは異なってクリアな映像や音声でその場のやり取りができます

またスピーカーフォンの登場もテレワークを効率化するポイントです。
スピーカーフォンでは電話と同じようにスイッチひとつで通話状態にできる機器です。
パソコンやスマートフォンなどの端末だけで操作している場合には電話が掛かってきた際には作業を中断しなければなりません。
スピーカーフォンは独自の端末として機能させられるので、作業を中断することなく相手と通話ができます。
またノイズが少なくクリアな音声であれば、仕事をしながら会話が可能ですので職場にいるような感覚でコミュニケーションが取れます

現在、テレワークは音声や映像技術の進化によって導入コストが下がった他にも、通信品質やテレワークのための機器の性能が向上したことによって快適に運用ができるようになっています。
またクラウド型のようにインターネットで提供されるサービスを利用すれば、インターネットに接続できる環境であればどこからでもウェブ会議を行うことが可能で、それまで一定規模の企業しか導入できなかったテレワークも小規模な会社でも低コストで導入ができます。
また多くの企業がテレワークを導入することで、会社間の取引もテレワークを応用した方法で行えるようになっています。